メインイメージ

弁護士と法律事務所について

弁護士は法律のスペシャリストなので、法律の知識のない人の助けになることができます。たとえば闇金からの借金の厳しい取り立てに困っている人がいたとしましょう。警察の場合は、パトロールを強化したり、刑事事件としての検挙や逮捕などで違法な取り立てが行われるのを防ぐというものですが、弁護士に相談すると借金の額を減らしてくれます。金利の違法性から闇金を追及して、借金のにするよう交渉をおこなうのです。交渉がうまくいけば、返済しやすくなります。さらに取り立てはなくなりますし、利息が異常なレベルで膨らんでいくこともなくなります。

このようなお金に関するトラブルや、他にも夫婦間でのトラブル、損害賠償請求問題や刑事事件など、弁護士は様々なトラブルを解決できます。民事や刑事だけでなく、商事事件や雇用問題や税務などの企業法務においても、問題解決のために尽力します。

弁護士は、法律事務所を設立するか、既に設立されている法律事務所で働いています。法律事務所には1人もしくは複数の弁護士が所属し、法律相談を受けて法的な対応を行います。
個人や企業が法律に関する相談をしたい場合には、まずは法律事務所に連絡し、法律相談を受けることから始まります。直接相談に行っても不在のこともあるため、まずは電話やメールなどで相談を受け付けている法律事務所が多いです。

例えば離婚となってしまった時などは自分が経験しないことだからこそ、弁護士に相談することで自らの負担を減少させ、より良い結果をもたらす事ができます。弁護士により最適な結果へと辿り着くことができます。

会社再生や会社の破産、労働問題など企業で発生する問題についても、弁護士に相談することでより良い結果を導く事ができます。