メインイメージ

交通事故によるトラブルは弁護士に相談しましょう

もし交通事故に合ってしまったら、あなたはどうしていますか。加害者であるか、被害者であるか、事故の内容によって対応は様々でしょう。場合によっては弁護士に依頼することでよりろよい結果となる場合もあります。

加害者の立場になってしまった場合、あり得るケースで多いのは、自動車保険に加入していて保険会社が間に立ってくれて示談で成立するものです。そういったケースですめば法律トラブルに発展していませんから弁護士に依頼することは出てこないでしょう。しかし、交通事故により相手に後遺障害を負わせてしまったた・死亡させてしまったといった場合で、慰謝料の額が大きくなってしまいます。相手方の要求が多く保険会社とスムーズに交渉してくれないなどのケースになると弁護士に相談したり交渉、裁判をしてもらうことになってきます。こういったことが起こった際は、まずは自動車保険の特約を確認しましょう。「弁護士費用特約」が付随されている保険が多いので、契約している保険会社を経由して弁護士を紹介してもらいましょう。その確認をとらなければ、弁護士費用を保険で負担してもらえないことが起こりえます。

また、被害者になる場合もあります。あなたが被害者で、小さな傷を負ったとしたら必ず警察を呼んで人身事故にしてください。物損事故にしてしまうと、後で障害が発生したとしても、逸失利益や慰謝料を支払ってもらえません。車の事故で見た目は負傷していなくても、衝撃がひどくあとから後遺症が発生することもありますので気を付けましょう。また、人身、物損事故に関わらず、加害者側が交渉に応じてくれないなどのトラブルの際は、早めに弁護士に相談しましょう。交通事故の場合、被害者側は弁護士費用も損害として請求できるとされています。